• ホーム
  • ピルによる月経痛緩和とは

ピルによる月経痛緩和とは

2019年11月22日
薬を飲んでいる女性

ピルは避妊目的で使用するというイメージが強く持たれていますが、避妊だけではなく、月経痛緩和をはじめとした月経による様々なトラブルを軽減できる薬として、多くの女性が使用しています。

そもそもピルにはなぜ、月経痛緩和作用があるのかというと、ピルには女性ホルモンが含まれており、女性ホルモンが整うことで様々な効果があるのです。
卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲストロンによって疑似的に妊娠した状態をつくり、排卵を抑えることができます。
それによって、避妊したり、月経のコントロールができるので、結果的に月経痛緩和や生理前の諸症状を緩和することができるのです。

ピルの中にも、女性ホルモンの含有量によって、高用量と中用量、低用量に分けられます。
月経痛緩和には、女性ホルモンの含有量が少ない低用量ピルを使用するのは一般的で、低用量ピルは、吐き気や頭痛、不正出血、乳房のハリ、体重増加、うつ状態などの副作用が少ないため、比較的安全に服用することができます。

ピルは、女性ホルモンのバランスを整え、安定させる効果があるため、ピルによって排卵が抑えられると、子宮内膜が厚くならずに維持されるため、経血量が減って月経による痛みも緩和されるというメリットがあります。
他にも、生理前に起こりがちなイライラや気分の落ち込みといった月経前症候群も、女性ホルモンのバランスが安定することで自律神経も整うために症状が緩和されやすくなります。
また、女性には嬉しい、ニキビや皮脂の過剰分泌といった肌トラブルの改善や、月経周期をコントロールできるようになるといった効果もあるので、避妊目的だけではなく副効用を得たい方にも最適です。